【アマトリチャーナ】トマト缶不使用フレッシュトマトで【メスティン】

スポンサーリンク
アマトリチャーナ メスティンレシピ

こんにちは。

マルちゃんです。

今回は【メスティン】で作る【アマトリチャーナ】を紹介します。

メスティンとは熱伝導率の高いアルミ製でできており熱が内部に均一に伝わり、ふっくらとしたご飯を炊くことができる飯盒です。

アマトリチャーナとはトマトをベースに、ベーコン・タマネギ・チーズを加えて煮つめて作る、イタリアの『アマトリーチェ』という町の名前が由来となってる料理です。

トマト缶は使わずフレッシュトマトとケチャップで作ります。

水量と時間と火加減を見ながら作れば、湯切り不要で誰でも簡単に作れますのでオススメです。

いつも通りの美味い・早い・簡単料理ですので是非真似してみてください♪

スポンサーリンク

材料

― 食材 ―
・スパゲッティ(4分茹でタイプ) 100g
・トマト 1個
・ハーフベーコン 4枚
・タマネギ 1/4個
― 調味料 ―
・水 140ml
・オリーブオイル 大さじ2
・塩 少々

・ケチャップ 大さじ3
・ミックスチーズ 30g
・輪切り唐辛子 適量
・にんにくチューブ 小さじ1
・コショウ(お好みで) 適量
トマトから水が出るので、水の量は通常より20ml程度少なめです。
スポンサーリンク

水の量

 茹で時間  水の量 
3分130ml
5分160ml
8分180ml
9分200ml

メスティンでスパゲッティを作る場合、大事なことは【スパゲッティの茹で時間】と【水の量】です。

このバランスが取れていないと、火が通らず固くなるか、水っぽく伸び伸びになるか・・・どちらかになります。

スポンサーリンク

道具

メスティン

ノーマルメスティンを使います。

倍量の場合はラージメスティンで作ることをオススメします。

メスティンの下準備や通常の炊飯方法はコチラ

火元

今回は、火の調整が必要になりますのでシングルバーナーを使用します。

ちなみに私が使用しているシングルバーナーは【SOTO】【レギュレーターストーブST-310】です。

今では改良版も発売されていますので、気になる方はチェックしてみてください。

スポンサーリンク

作り方

1.食材をカットする。

トマトはくし切りに、ベーコンは5mm幅に、タマネギは薄切りにカットします。

2.調味料を混ぜ合わせる。

ボウル等にケチャップ・ミックスチーズ・輪切り唐辛子・にんにくチューブを混ぜ合わせておきます。

・ケチャップ 大さじ3
・ミックスチーズ 30g
・輪切り唐辛子 適量
・にんにくチューブ 小さじ1

3.食材を炒める。

メスティンにオリーブオイルを入れ、【1】でカットしたトマト・ベーコン・タマネギを加え、弱火で炒めます。

メスティンは焦げやすいため、注意してください。

4.スパゲッティを茹でる。

スパゲッティを半分に折り入れ、水・塩(ひとつまみ程度)を加え、加熱します。

火加減は沸騰するまでは中火から強火で、沸騰したら弱火から中火にします。

スパゲッティの茹で時間は沸騰してから計測し、表記されている時間の1分前までです。

スパゲッティ同士がくっつかないようにたまにかき混ぜます。

途中経過で水分が多いようであれば火を強めます。
逆に少なくなりそうであれば火を弱めます。
水分が少ない状態で強火にすると、麺が底に焦げ付きますので、火加減は注意してください。

5.調味料を加え、炒める。

茹で時間の2分前になったら、【2】で混ぜ合わせたケチャップ・ミックスチーズ・輪切り唐辛子・にんにくチューブを加え、かき混ぜながら炒め合わせます。

6.チーズが溶けたら、完成。

茹で時間の1分前になり、チーズが溶けたら、完成です。

以上です。

トマト・タマネギから水が出るため、水分がなくなるまで加熱するとスパゲッティが伸びるので注意してください。
材料に火が通っているかを確認し、加熱時間を調整してください。
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

【メスティン】で作る【アマトリチャーナ】を紹介しました。

水量と時間と火加減を見ながら作れば、アルデンテの美味しいスパゲッティができます。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは、今日も良いキャンプライフを♪

\ 応援クリックお願いします /

にほんブログ村 にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました