【カレードリア】カレー缶詰&固形燃料でお手軽【メスティンレシピ】

メスティンレシピ

こんにちは。マルちゃんです。

今回は、キャンプで手軽に楽しめる【カレードリア】のレシピを紹介します。

 

メスティンと固形燃料を使った「ほったらかし炊飯」で、初心者でも簡単に美味しいカレードリアを作ることができます。

使用する材料もシンプルで、手に入りやすいものばかり。

いなばのバターチキンカレーのまろやかな風味と、卵とチーズの濃厚なハーモニーが絶妙です。

準備から調理までの手間が少なく、メスティン一つで完結するため、キャンプの荷物を軽減できるのも魅力の一つです。

これからキャンプに行く予定がある方や、アウトドア料理に挑戦したい方におすすめのレシピです。

ぜひ最後までご覧いただき、次のキャンプ料理に取り入れてみてください。

 

スポンサーリンク

材料

― 食材 ―
・米 1合
・いなば バターチキンカレー 1缶
・卵 1個
・ミックスチーズ 50g
― 調味料 ―
・水 190ml
・めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ1

 

作り方

1.米の下準備

米を研ぎ、夏は30分・冬は60分吸水させます。

これにより米がやわらかくなり、美味しく炊き上がります。

 

2.水量を調整

吸水させた米の水を捨て、いなば バターチキンカレー・めんつゆを加えます。

・めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ1

トランギア製のメスティンであれば、リベットの中央になるよう、水を加え量を調整し、よく混ぜます。

水量
水と調味料を足して200mlになるように調整してください。

 

3.炊飯

メスティンの蓋をしっかり閉め、ポケットストーブに固形燃料をセットして点火します。

メスティンをストーブの上に置き、固形燃料が完全に燃え尽きるまで(約20~25分間)待ちます。

この間、メスティンを開けたり動かしたりしないでください。

メスティン加熱状況

 

4.蒸らし

固形燃料が燃え尽きたら、メスティンを火から下ろします。

メスティンのフタを開けます。

全体をかき混ぜます。

を加えます。

チーズを加えてフタをします。

長時間蓋を開けていると蒸らす効果が弱くなるので注意してください。

タオルや保温ランチバック等で覆い15分ほど蒸らします。

この蒸らし時間が重要で、ここでご飯がふっくらと仕上がります。

メスティン保温状況

 

5.仕上げ

蒸らし終わったら、完成です。

材料に火が通っているかを確認し、加熱時間を調整してください。
マルちゃん
マルちゃん

同じ要領で炊飯ジャーでも調理可能です!

以上です。

 

今回使った道具

trangia(トランギア)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
カエンニューエースE
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

 

まとめ

メスティンと固形燃料を使って簡単に作れる【カレードリア】のレシピを紹介しました。

バターチキンカレーのコクとまろやかさが、ご飯と絶妙に絡み合い、さらに卵とチーズが加わることで、深みのある味わいを楽しむことができます。

準備も片付けも簡単なので、キャンプで気軽に作ることができ、家族や友人と一緒に楽しむのにも最適です。

このレシピを参考に、次のキャンプでぜひ挑戦してみてください。

キャンプならではの特別なひとときを、カレードリアでさらに充実させましょう。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは、今日も良いキャンプライフを♪

 

その他、調理道具に関連する記事はコチラ↓

タイトルとURLをコピーしました