【コーンの炊き込みご飯】固形燃料でほったらかし【メスティンレシピ】

メスティンレシピ

こんにちは。マルちゃんです。

今回は、キャンプで手軽に作れる【コーンのバター醤油炊き込みご飯】を紹介します。

 

キャンプ料理は、自然の中での特別な楽しみの一つです。

そんな中でも、メスティンと固形燃料を使ったほったらかし炊飯は、手間をかけずに美味しいご飯が作れると評判です。

このレシピでは、コーンの甘みとバターのコク、そして醤油の香ばしさが絶妙にマッチした一品が簡単に作れます。

初めての方でも失敗しにくく、初心者にもおすすめです。

 

スポンサーリンク

材料

― 食材 ―
・米 1合
・コーン 100g
― 調味料 ―
・水 180ml

・鶏がらスープの素 小さじ1
・醤油 大さじ1
・有塩バター 10g
・黒コショウ(お好みで) 適量
― トッピング ―

・パセリ(お好みで) 適量

 

作り方

1.米の下準備

米を研ぎ、夏は30分・冬は60分吸水させます。

これにより米がやわらかくなり、美味しく炊き上がります。

 

2.水量を調整

吸水させた米の水を捨て、鶏がらスープの素・醤油を加えます。

・鶏がらスープの素 小さじ1
・醤油 大さじ1

トランギア製のメスティンであれば、リベットの中央になるよう、水を加え量を調整し、よく混ぜます。

水量
水と調味料を足して200mlになるように調整してください。

 

3.食材を加える

コーンを加えて、よく混ぜます。

缶詰等のコーンの汁は捨ててください。
汁ごと入れるとかなり甘くなります。

 

4.炊飯

メスティンの蓋をしっかり閉め、ポケットストーブに固形燃料をセットして点火します。

メスティンをストーブの上に置き、固形燃料が完全に燃え尽きるまで(約20~25分間)待ちます。

この間、メスティンを開けたり動かしたりしないでください。

メスティン加熱状況

 

5.蒸らし

固形燃料が燃え尽きたら、メスティンを火から下ろします。

タオルや保温ランチバック等で覆い15分ほど蒸らします。

この蒸らし時間が重要で、ここでご飯がふっくらと仕上がります。

メスティン保温状況

 

6.仕上げ

蒸らし終わったら、蓋を開け有塩バターを加え混ぜ合わせたら、完成です。

・有塩バター 10g

お好みでパセリ・黒コショウを加えてください。

味が薄い場合は醤油で味を整えてください。
材料に火が通っているかを確認し、加熱時間を調整してください。

以上です。

 

今回使った道具

trangia(トランギア)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
カエンニューエースE
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

 

まとめ

メスティンと固形燃料を使った【コーンのバター醤油炊き込みご飯】のレシピを紹介しました。

このレシピの魅力は、何と言ってもその手軽さと美味しさです。

コーンの甘みとバターのコク、醤油の香ばしさが一体となり、キャンプでの食事を特別なものにしてくれます。

キャンプ初心者でも簡単に作れるので、ぜひ試してみてください。

自然の中で味わうご飯の美味しさは格別です。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは、今日も良いキャンプライフを♪

 

その他、調理道具に関連する記事はコチラ▼

タイトルとURLをコピーしました