設営簡単!広々空間!コールマン【タフスクリーン2ルームエアー】で快適ファミリーキャンプ

テント

こんにちは。マルちゃんです。

今回は、Coleman(コールマン)の最新テント、【タフスクリーン2ルームエアー/LDX+】【タフスクリーン2ルームエアー/MDX+】について紹介します。

 

コールマンはアウトドア用品で世界的に知られるブランド。

その中でも、これらのテントモデルは快適なキャンプ生活を求める方々から高い注目を集めています。

しかし、一体どのような特徴があり、どんなデメリットがあるのでしょうか?

この記事を読んでキャンプの新たな可能性に触れてみてください。

では、早速見ていきましょう。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

アイキャッチ引用:Coleman

 

スポンサーリンク

特徴

・リバーシブルファンベンチレーション
・ワイドエアメッシュ
・サークルベンチレーションワイドエアシステム
・ダークルームルーフフライ
・ダークルームテクノロジー
・頑丈なフレーム
・簡単な設営

リバーシブルファンベンチレーション

テント内部に設置されたリバーシブルファン(別売)が外気を取り込み、テント内に気流を作り出すことで、より涼しい空間を実現できます。

夏場のキャンプでは特に効果的で、快適な睡眠が取れるでしょう。

ファンの回転方向を切り替えることで、テント内の空気の循環を最適化できるのが大きな特徴です。

引用:Coleman

 

ワイドエアメッシュ

サイドウィンドウにワイドエアメッシュを採用しているため、換気性能が大幅にアップしています。

テント内の空気の入れ替えがスムーズに行え、蒸し暑さを軽減できます。

メッシュ部分が広いため、外の景色を楽しみながらも通気性を確保できるのが魅力的です。

引用:Coleman

 

サークルベンチレーションワイドエアシステム

リバーシブルファンベンチレーションとワイドエアメッシュを組み合わせることで、より効果的な空気の循環が可能になります。

テント内の温度上昇を抑え、快適な空間を提供してくれます。

扇風機の風量と、メッシュ窓からの自然な換気が相まって、快適な室温を維持できるのが大きなアドバンテージです。

引用:Coleman

 

ダークルームルーフフライ

ダークルームルーフフライを装着することで、遮光性がさらに向上します。

また、本体とルーフフライの間に空間ができるため、結露の軽減にもなります。

テント内の湿気対策にも役立ちます。

引用:Coleman

 

ダークルームテクノロジー

遮光性に優れたダークルームテクノロジーを採用しているため、日光をしっかりとブロックできます。

テント内が暗く保たれるので、朝まで快適に睡眠を取ることができます。

外の明るさに左右されることなく、自然な睡眠リズムを保てるのが特徴です。

引用:Coleman

 

頑丈なフレーム

アルミ合金製のポールを採用しているため、耐久性に優れています。

強風にも負けず、安心して使用できます。キャンプ場での強い風にも耐えられる頑強な作りが魅力です。

引用:Coleman

 

簡単な設営

クロスフレーム構造とアシスト機能のクリップを使うことで、簡単に設営できます。

初心者でも迷わずに組み立てられるでしょう。

設営時間を大幅に短縮でき、キャンプ場での準備が楽になります。

引用:Coleman

 

デメリット

・重量が重め
・価格が高め
・冬向けではない

重量が重め

LDX+は約21kg、MDX+は約19.5kgと、同等サイズの2ルームテントと比べると重めです。

キャンプ場まで運ぶのが大変な場合があります。

大人2人で運べる重量ですが、長距離の移動には向いていません。

車での移動が前提になるでしょう。

 

価格が高め

高機能なテントのため、定価でLDX+は約12万円、MDX+は約11万円と価格が比較的高めになっています。

予算に余裕がない場合は、他のテントを検討する必要があるでしょう。

高品質な素材と機能性を考えると、妥当な価格設定だと言えますが、初心者にとっては敷居が高く感じられるかもしれません。

 

冬向けではない

夏場のキャンプを想定した設計のため、冬のキャンプには向いていません。

断熱性が低く、寒さ対策が十分ではありません。

暖房器具の設置が必要で、快適に過ごせない可能性があります。

冬キャンプを楽しみたい方には適していません。

 

設営・撤収方法

設営方法

 

撤収方法

 

ファン設営方法

 

オプション

リバーシブルファンベンチレーション

すばやく冷却し快適な空間を作る電動ファンです。

価格:4,400円(税込)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

 

テントシートセット/3025

クッション性のあるインナーシートと、テントフロアを汚れや傷から守るグランドシートのセットです。

LDX+、MDX+両方とも使うことができます。

価格:16,390円(税込)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

 

仕様

タフスクリーン2ルームエアー/LDX+

インナーサイズ約300×250×185(h)cm
本体サイズ約610×365×220(h)cm
収納時サイズ約φ36×75cm
重量約21kg
耐水圧フライ/約3,000mm(寝室)
フライ/約2,000mm(リビング)
フロア/約2,000mm
ルーフ/約3,000mm
定員4~5人用
材質フライ・ルーフ/75Dポリエステルタフタ(ダークルームTMテクノロジー、UVPRO、PU防水、シームシール)
インナー/68Dポリエステルタフタ
フロア/210Dポリエステルオックスフォード(PU防水、シームシール)
ポール/(リビング)アルミ合金約φ16mm
 (寝室)アルミ合金約φ14.5mm
 (リッジ)アルミ合金約φ11mm
 (キャノピー)スチール約φ19mm(180cm)
定価119,900円(税込)
引用:Coleman

 

タフスクリーン2ルームエアー/MDX+

インナーサイズ約300×250×175(h)cm
本体サイズ約560×340×215(h)cm
収納時サイズ約φ34×74cm
重量約19.5kg
耐水圧フライ/約3,000mm(寝室)
フライ/約2,000mm(リビング)
フロア/約2,000mm
ルーフ/約3,000mm
定員4~5人用
材質フライ・ルーフ/75Dポリエステルタフタ(ダークルームTMテクノロジー、UVPRO、PU防水、シームシール)
インナー/68Dポリエステルタフタ
フロア/210Dポリエステルオックスフォード(PU防水、シームシール)、
ポール/(リビング)アルミ合金約φ16mm
 (寝室)アルミ合金約φ14.5mm
 (リッジ)アルミ合金約φ11mm
 (キャノピー)スチール約φ19mm(180cm)
定価109,780円(税込)
引用:Coleman

 

まとめ

コールマンの【タフスクリーン2ルームエアー/LDX+】【タフスクリーン2ルームエアー/MDX+】について、その特徴とデメリットを詳しく見てきました。

これらのテントは、夏のキャンプをより快適に楽しむための多くの機能を備えており、家族や友人とのアウトドアライフを格段にアップグレードしてくれることでしょう。

しかし、重量や価格、季節性を考慮する必要があります。

キャンプをこれから始める方も、既に経験豊富なキャンパーも、自分のニーズに合ったテント選びをすることが、快適なキャンプライフの第一歩です。

LDX+ 価格:119,900円(税込)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

 

MDX+ 価格:109,780円(税込)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは、今日も良いキャンプライフを♪

 

その他、コールマンのダークルームテクノロジーのテントはコチラ↓

タイトルとURLをコピーしました