【北海釜飯風炊き込みご飯】鮭フレークとめんつゆで【メスティン】

スポンサーリンク
北海釜飯風炊き込みご飯 メスティンレシピ

こんにちは。

マルちゃんです。

今回は【メスティン】で作る【北海釜飯風炊き込みご飯】を紹介します。

メスティンとは熱伝導率の高いアルミ製でできており熱が内部に均一に伝わり、ふっくらとしたご飯を炊くことができる飯盒です。

鮭フレークとコーンとジャガイモの3つの食材とめんつゆで作る炊き込みご飯です。

また、固形燃料でのほったらかし料理で失敗もしないのでオススメです。

いつも通りの美味い・早い・簡単料理ですので是非真似してみてください♪

スポンサーリンク

材料

― 食材 ―
・米 1合
・鮭フレーク 30g
・コーン 50g
・ジャガイモ 1個(中サイズ100g程度)
― 調味料 ―
・水 160ml
・めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ2
・塩 少々
・有塩バター 10g
・黒コショウ(お好みで) 適量
スポンサーリンク

道具

メスティン

今回はノーマルメスティンを使い1合炊きます。(最大約1.8合まで)

ラージメスティンの場合は2合でも3合でも炊くことが可能です。(最大約3.5合まで)

メスティンの下準備や通常の炊飯方法はコチラ

火元

今回は【Esbit(エスビット)】【ポケットストーブ】を五徳として使用し、固形燃料(25g)で加熱します。

シングルバーナーでも通常の炊飯方法と一緒で炊飯できます。

焦げ付き防止のためバーナーパットの使用をおすすめします。

ちなみに私が使用しているシングルバーナーは【SOTO】【レギュレーターストーブST-310】です。

今では改良版も発売されていますので、気になる方はチェックしてみてください。

スポンサーリンク

作り方

1.米を研ぎ吸水させる。

米を研ぎ、夏は30分冬は60分吸水させます。

2.食材をカットする。

吸水させている間に、ジャガイモを1cm角にカットします。

3.水の量を調整する。

吸水させた米の水を捨て、めんつゆ・塩を加えます。

・めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ2
・塩 少々

トランギア製のメスティンであれば、リベットの中央になるよう、水を加え量を調整し、よく混ぜます。

水量
水と調味料を足して200mlになるように調整してください。

4.食材を加え、加熱する。

鮭フレーク・コーンと【2】でカットしたジャガイモを加えて、よく混ぜます。

メスティンの蓋をして、固形燃料を点火し加熱します。

メスティン加熱状況

5.火が消えたら蒸らす。

固形燃料の火が消えたらタオルや保温ランチバック等で覆い15分ほど蒸らします。

メスティン保温状況

6.蒸らし終わったら、完成。

蒸らし終わったら、蓋を開けバターを加えかき混ぜて、完成です。

・有塩バター 10g

お好みで、黒コショウを加えてください。

以上です。

材料に火が通っているかを確認し、加熱時間を調整してください。
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

【メスティン】で作る【北海釜飯風炊き込みご飯】を紹介しました。

鮭フレークは、細かいタイプもありますが粗ほぐしタイプをオススメします。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは、今日も良いキャンプライフを♪

\ 応援クリックお願いします /

にほんブログ村 にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました