【マヨキムチ飯】簡単うま辛!ご飯が進む悪魔的レシピ【メスティンレシピ】

メスティンレシピ

こんにちは。マルちゃんです。

今回は、アウトドアでも簡単に作れる美味しい一品、【マヨキムチ飯】の作り方を紹介します。

 

このレシピは、メスティンと固形燃料を使って、簡単にほったらかし炊飯で作れるため、キャンプやハイキングなど、自然の中で楽しみたい方にぴったりです。

キムチとマヨネーズの組み合わせが生み出す、ピリッとした辛さとクリーミーな味わいが絶妙で、一度食べたら忘れられない風味を楽しむことができます。

さらに、ゴマ油の香ばしさと鶏がらスープの旨味が加わり、ご飯との相性も抜群です。

初めての方でも簡単に作れるこのレシピ、ぜひ最後までご覧ください。

 

スポンサーリンク

材料

― 食材 ―
・米 1合
・キムチ 100g
― 調味料 ―
・水
・ゴマ油 大さじ1
・鶏がらスープの素 小さじ1
・醤油 小さじ1
・酒 小さじ1
・にんにくチューブ 小さじ1/2
・マヨネーズ 適量

 

作り方

1.米の下準備

米を研ぎ、夏は30分・冬は60分吸水させます。

これにより米がやわらかくなり、美味しく炊き上がります。

 

2.水量の調整

吸水させた米の水を捨て、ゴマ油・鶏がらスープの素・醤油・酒・にんにくチューブを加えます。

・ゴマ油 大さじ1
・鶏がらスープの素 小さじ1
・醤油 小さじ1
・酒 小さじ1
・にんにくチューブ 小さじ1/2

トランギア製のメスティンであれば、リベットの中央になるよう、水を加え量を調整し、よく混ぜます。

水量
水と調味料を足して200mlになるように調整してください。

 

3.食材を加る

キムチを加え平らにならします。

 

4.炊飯

メスティンの蓋をしっかり閉め、ポケットストーブに固形燃料をセットして点火します。

メスティンをストーブの上に置き、固形燃料が完全に燃え尽きるまで(約20~25分間)待ちます。

この間、メスティンを開けたり動かしたりしないでください。

メスティン加熱状況

 

5.蒸らし

固形燃料が燃え尽きたら、メスティンを火から下ろします。

タオルや保温ランチバック等で覆い15分ほど蒸らします。

この蒸らし時間が重要で、ここでご飯がふっくらと仕上がります。

メスティン保温状況

 

6.仕上げ

蒸らし終わったら、蓋を開けかき混ぜて、マヨネーズを加えて完成です。

ご飯の底から具材を持ち上げるように混ぜると、均一に味がなじみます。
材料に火が通っているかを確認し、加熱時間を調整してください。
マルちゃん
マルちゃん

同じ要領で炊飯ジャーでも調理可能です!

以上です。

 

今回使った道具

trangia(トランギア)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
カエンニューエースE
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

 

まとめ

メスティンと固形燃料を使用し、簡単に作れる【マヨキムチ飯】のレシピを紹介しました。

キムチの辛さとマヨネーズのまろやかさが絶妙にマッチし、ゴマ油と鶏がらスープの深い味わいが加わることで、ご飯がさらに美味しくなります。

ポケットストーブを使った簡単なほったらかし炊飯で、アウトドアでも手軽に楽しめるのが魅力的です。

このレシピがあれば、キャンプの食事が一層楽しみになること間違いなしです。

ぜひ、自然の中で、あるいは家での一品として、【マヨキムチ飯】を作ってみてください。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは、今日も良いキャンプライフを♪

 

その他、調理道具に関連する記事はコチラ▼

タイトルとURLをコピーしました