【鮭しらす炊き込みご飯】セブン銀鮭の塩焼きで【メスティンレシピ】

メスティンレシピ

こんにちは。マルちゃんです。

今回はメスティンと固形燃料を使った簡単で美味しい【鮭しらす炊き込みご飯】を紹介します。

 

キャンプでも自宅でも手軽に作れるこのレシピは、セブンイレブンの銀鮭の塩焼きを使用することで、手間を省きながらも本格的な味わいを楽しめます。

ほったらかしで炊けるので、忙しい時にもぴったりです。

鮭としらすの旨味が米にしっかりと染み込み、乾燥わかめの香りがアクセントとなるこの炊き込みご飯は、一度食べたらやみつきになること間違いなしです。

 

スポンサーリンク

材料

― 食材 ―
・米 1合
・セブンイレブン 銀鮭の塩焼き 1パック
・しらす 20g(大さじ2程度)
・乾燥わかめ 3g(大さじ1程度)
― 調味料 ―
・水 170ml
・めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ2
― トッピング ―
・七味唐辛子 適量

 

作り方

1.米の下準備

米を研ぎ、夏は30分冬は60分吸水させます。

これにより、炊き上がりの食感が良くなります。

 

2.水量を調整

吸水させた米の水を捨て、めんつゆを加えます。

・めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ2

トランギア製のメスティンであれば、リベットの中央になるよう、水を加え量を調整し、よく混ぜます。

水量
水と調味料を足して200mlになるように調整してください。

 

3.食材を加える

セブンイレブン 銀鮭の塩焼きを加えます。

 

4.炊飯

メスティンの蓋をしっかり閉め、ポケットストーブに固形燃料をセットして点火します。

メスティンをストーブの上に置き、固形燃料が完全に燃え尽きるまで(約20~25分間)待ちます。

この間、メスティンを開けたり動かしたりしないでください。

メスティン加熱状況

 

5.食材の下準備

炊飯をしている間に、乾燥わかめを水で戻しておきます。

 

6.蒸らし

固形燃料が燃え尽きたら、メスティンを火から下ろします。

タオルや保温ランチバック等で覆い15分ほど蒸らします。

この蒸らし時間が重要で、ここでご飯がふっくらと仕上がります。

メスティン保温状況

 

7.仕上げ

蒸らし終わったら、蓋を開け、鮭の皮を取り、しらす・わかめを加えます。

鮭の身をくずすように全体を優しくかき混ぜて、完成です。

ご飯の底から具材を持ち上げるように混ぜると、均一に味がなじみます。

お好みで、七味唐辛子を加えてください。

材料に火が通っているかを確認し、加熱時間を調整してください。
マルちゃん
マルちゃん

同じ要領で炊飯ジャーでも調理可能です!

以上です。

 

今回使った道具

trangia(トランギア)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
カエンニューエースE
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

 

まとめ

メスティンと固形燃料を使った【鮭しらす炊き込みご飯】のレシピを紹介しました。

キャンプでも自宅でも手軽に作れるこのレシピは、セブンイレブンの銀鮭の塩焼きを活用することで、手間を省きながらも本格的な味わいを楽しむことができます。

忙しい日常の中でも、少しの工夫で美味しい炊き込みご飯を楽しんでみてください。

ぜひ一度お試しください!

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは、今日も良いキャンプライフを♪

 

その他、調理道具に関連する記事はコチラ

タイトルとURLをコピーしました