広々快適!コールマン【トンネルシェルター/240】の魅力と注意点とは?

テント

こんにちは。マルちゃんです。

今回は、Coleman(コールマン)【トンネルシェルター/240】の魅力を徹底解説します。

 

広々とした居住空間と快適性を両立した【トンネルシェルター/240】は、親子キャンプやソロキャンプに最適です。

独自のフレーム構造による簡単設営と高い剛性、天候やシーンに合わせてアレンジ可能なルーフフライなど、魅力的な特徴が満載です。

一方で、重量や価格、付属ペグの強度など、注意すべき点もいくつかあります。

自分にぴったりのテントかどうか、購入前にしっかりと見極めていきましょう。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

アイキャッチ引用:Coleman

 

スポンサーリンク

こんな人にオススメ!

  • ソロキャンプや親子キャンプを楽しみたい方
  • 広々としたリビングスペースを確保したい方

  • 設営・撤収が簡単なテントをお探しの方

  • 開放感を求める方

  • 天候の変化に対応できるテントが欲しい方

 

特徴

  • 簡単設営と剛性を両立
  • 開放感抜群のルーフフライ
  • インナーテントを外せばシェルターに!
  • インナーテント連結で剛性アップ
  • リバーシブルファンベンチレーションで快適性アップ

簡単設営と剛性を両立

引用:Coleman

3本のアーチフレームを上部リッジフレームで押さえるという独自のフレーム構造を採用しています。

この構造により、テント設営の際にありがちなフレームの交差部分を無理に押し込むといった手間が省け、初心者の方でもスムーズに設営を行うことができます。

また、アーチフレームとリッジフレームが一体となることで、テント全体に高い剛性が生まれ、風などの外部からの負荷に強い安定した構造を実現しています。

さらに、4面すべてにDドアを配置し、状況に応じて開閉できるため、通気性を確保しつつ、プライバシーも守ることが可能です。

 

開放感抜群のルーフフライ

引用:Coleman

トンネルシェルター/240の大きな魅力の一つが、広々としたルーフフライです。

気温や天候、サイトレイアウトに合わせて自由にアレンジできるため、キャンプスタイルの幅が広がります。

例えば、日差しが強い日はルーフフライを全面に展開することで、広いリビングスペースを確保できるだけでなく、日陰の少ないキャンプサイトでも快適に過ごすことができます。

逆に、風通しの良い日にはルーフフライの一部を開放することで、テント内に心地よい風を取り込むことができます。

引用:Coleman

また、全面にメッシュを採用することもできるため、開放感抜群の空間を演出しながら、虫の侵入を防ぐことも可能です。

ルーフフライの固定は、シェルター本体への面ファスナーで行うため、着脱も簡単に行えます。

 

インナーテントを外せばシェルターに!

引用:Coleman

インナーテントを取り外して、開放感抜群のシェルターとしても使用できます。

テーブルやチェアなどを持ち込んで、ゆったりとくつろぐことができます。

引用:Coleman

インナーテントはファスナーで簡単に取り付けられるため、就寝時には寝室として使用できます。

前面には電源コード取り出し口が設けられているため、テント内で電気製品を使用する際に便利です。

また、後面上部にはベンチレーションウィンドウを備えているため、テント内の風通しを良くすることができます。

 

インナーテント連結で剛性アップ

引用:Coleman

ファスナーでインナーテントとテント本体を連結することで、テント全体の剛性をさらに高めることができます。

これにより、強風時でもテントが大きく揺れることを抑え、安定した居住空間を保つことが可能です。

風によるストレスを軽減することで、キャンプ中の安心感を高めてくれます。

 

リバーシブルファンベンチレーションで快適性アップ

引用:Coleman

テントフロントキャノピー上部とインナーテント後部には、別売りの「リバーシブルファンベンチレーション」を取り付け可能なベンチレーションウィンドウを装備。

効率的な換気を実現し、テント内の温度・湿度を快適に保つことができます。

リバーシブルファンベンチレーションは、テント内の空気を循環させることで、夏は涼しく、冬は暖かく過ごすために効果的なアイテムです。

 

デメリット

  • 重量がネック?
  • 価格は高価格帯
  • 付属ペグの強度不足に注意

重量がネック?

引用:Coleman

多くの魅力的な特徴を持つ反面、重量は約16kgと、一般的なテントと比較すると重いため、持ち運びには注意が必要です。

オートキャンプなど、車からサイトまで荷物を運ぶ距離が短い場合に適しています。

徒歩や自転車でのキャンプなど、持ち運びやすさを重視する場合は、他のテントも検討する必要があるでしょう。

 

価格は高価格帯

トンネルシェルター/240の価格は約10万円と、一般的なテントと比較すると高価格帯に位置します。

類似サイズのドーム型テントであれば、3万円前後で購入できるものも多い中、トンネルシェルター/240は、広々とした居住空間と快適性を両立するために、素材や設計にこだわって作られているため、価格が高くなってしまうのも仕方がないと言えるでしょう。

しかし、その分、耐久性や機能性にも優れており、長く愛用できるテントと言えます。

 

付属ペグの強度不足に注意

付属のスチールペグは、地面が固い場所では十分に固定できない可能性があります。

不安定な場所で使用する場合や、強風時などは、別途頑丈なペグを用意することをおすすめします。

例えば、鍛造ペグと呼ばれる強度の高いペグを使用することで、より安心してテントを使用することができます。

ペグの交換は、安全にキャンプを楽しむ上で重要なポイントと言えるでしょう。

 

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

 

基本スペック

インナーサイズ約240×240×150(h)cm
本体サイズ約520×260×180(h)cm
収納時サイズ約φ30×70cm
重量約16kg
耐水圧フライ:約1,500mm
フロア:約2,000mm
定員2~3人用
材質フライ:75Dポリエステルタフタ
インナー:68Dポリエステルタフタ
フロア:210Dポリエステルオックスフォード
ポール:(メイン)アルミ合金約φ16mm
 (リッジ)アルミ合金約φ16mm
 (キャノピー)スチール約φ19mm(180cm)
付属品ルーフフライ、キャノピーポール×2
ペグ、ロープ、ハンマー、収納ケース
引用:Coleman

 

関連商品

リバーシブルファンベンチレーション

すばやく冷却し快適な空間を作る電動ファンで、風の流れで夏のムシムシ感を解消して快適に睡眠がとれます。

また、直接風を当てる扇風機としても利用可能です。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

 

ファンベンチレーション用メッシュハンガー

テントにリバーシブルファンベンチレーションを装着するために使用します。

 

テントシートセット/240

テントの必須アイテム、インナーシートとグランドシートのセットです。

クッション性のあるインナーシートと、テントフロアを汚れや傷から守るグランドシートになります。

 

設営・撤収方法

設営方法

 

撤収方法

 

トンネル2ルーム/240との違い

基本的な機能や構造は共通する部分も多い「トンネルシェルター/240」と「トンネル2ルーム/240」ですが、以下にその違いをまとめてみました。

品名トンネルシェルター/240
トンネル2ルーム/240
サイズ約520×260×180(h)cm約520×260×180(h)cm
重量約16kg約13kg
耐水圧フライ/約1,500mm
フロア/約2,000mm
フライ/約1,500mm
フロア/約2,000mm
ルーフフライ×
サイド
キャノピー
×
インナー
テント
ファスナー式吊り下げ式(トグル)
Dドア4面2面
スカートフルスカートフルスカート
定価(税込)99,000円77,000円
引用:Coleman

 

まとめ

Coleman(コールマン)【トンネルシェルター/240】は、広々とした空間と快適性を求めるキャンパーにとって、非常に魅力的な選択肢と言えるでしょう。

簡単設営と高い剛性、アレンジ自在なルーフフライなど、魅力的な特徴が多い一方で、重量や価格、付属ペグの強度など、注意すべき点もいくつかあります。

これらの情報を踏まえ、自分にぴったりのテントかどうか、しっかりと検討してみてください。

ぜひこの記事を参考にして、快適なキャンプライフを実現してください。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは、今日も良いキャンプライフを♪

 

親子キャンプのテントの関連記事
タイトルとURLをコピーしました