【カオマンガイ】鍋を使わず自動炊飯で同時調理【メスティンレシピ】

スポンサーリンク
メスティンレシピ

こんにちは。

マルちゃんです。

今回は【メスティン】で作る【カオマンガイ】を紹介します。

メスティンとは熱伝導率の高いアルミ製でできており熱が内部に均一に伝わり、ふっくらとしたご飯を炊くことができる飯盒です。

【カオマンガイ】はほろほろと崩れるくらい、しっとりと茹でられた鶏肉をご飯の上にのせたタイ料理です。

本来は鶏肉を鍋で茹でてから茹で汁を使ってご飯を炊く料理ですが、鶏肉を茹でずに米と一緒に炊き込む事により、肉の旨味が染み込んだご飯に仕上がっています。

鍋を使わないでメスティン一つで作るので、洗い物も少なくて済みますし、固形燃料でのほったらかし料理ですので失敗もしないのでオススメです。

いつも通りの美味い・早い・簡単料理ですので是非真似してみてください♪

同じタイ料理のガパオライスのレシピはコチラ↓

スポンサーリンク

材料

カオマンガイ

― 食材 ―
・米 1合
・鶏もも肉 150~200g
・長ネギ(青い部分) 1本分

― 調味料 ―
・水 180ml

・鶏がらスープの素(顆粒) 小さじ1
・にんにくチューブ 小さじ1
・しょうがチューブ 小さじ1
― トッピング ―
・トマト(お好みで) 適量
・キュウリ(お好みで) 適量

タレ

― 食材 ―
・長ネギ 10cm
― 調味料 ―
・しょうがチューブ 小さじ1
・ナンプラー又は醤油 小さじ2
・オイスターソース 小さじ2
・砂糖 小さじ1
・味噌(液状タイプ) 小さじ2
・酢 小さじ1
・水 大さじ1
・ゴマ油 小さじ1
固形味噌タイプの場合は小さじ1です。
スポンサーリンク

道具

メスティン

今回はノーマルメスティンを使い1合炊きます。(最大約1.8合まで)

ラージメスティンの場合は2合でも3合でも炊くことが可能です。(最大約3.5合まで)

メスティンは、軽量でコンパクトな設計が特徴であり、アウトドアでの調理に最適です。

耐久性が高く、頑丈な構造なので、野外での使用に耐えることができます。

また、燃料の効率が良く、燃焼時間が長いため、長時間の調理にも対応可能です。

メスティンの下準備や通常の炊飯方法はコチラ

火元

今回は【Esbit(エスビット)】【ポケットストーブ】を五徳として使用し、固形燃料(25g)で加熱します。

ポケットストーブは、簡単な使い方と優れた携帯性が特長です。

軽量かつコンパクトなので、旅行やアウトドアでの持ち運びに便利です。

さらに、固形燃料の使用により、液体燃料やガスを必要とせず、簡便に使用できます。

また、安定した燃焼が可能であり、風の影響を受けにくいため、屋外での調理に最適です。

シングルバーナーでも通常の炊飯方法と一緒で炊飯できます。

焦げ付き防止のためバーナーパットの使用をおすすめします。

ちなみに私が使用しているシングルバーナーは【SOTO】【レギュレーターストーブST-310】です。

今では改良版も発売されていますので、気になる方はチェックしてみてください。

スポンサーリンク

作り方

1.米を研ぎ吸水させる。

米を研ぎ、夏は30分冬は60分吸水させます。

2.食材をカットする。

鶏もも肉は一口大に、長ネギ(青い部分)はメスティンに入るサイズにカットします。

タレ用の長ネギはみじん切りにカットします。

3.水の量を調整する。

吸水させた米の水を捨て、鶏がらスープの素・にんにくチューブ・しょうがチューブを加えます。

・鶏がらスープの素(顆粒) 小さじ1
・にんにくチューブ 小さじ1
・しょうがチューブ 小さじ1

トランギア製のメスティンであれば、リベットの中央になるよう、水を加え量を調整し、よく混ぜます。

水と調味料を足して200mlになるように調整してください。

4.食材を加えて、加熱する。

鶏もも肉・長ネギ(青い部分)を加えます。

メスティンの蓋をして、固形燃料を点火し加熱します。

メスティン加熱状況

5.タレを作る。

ボウル等にみじん切りにした長ネギ・しょうがチューブ・ナンプラー又は醤油・オイスターソース・砂糖・味噌・レモン汁・水・ゴマ油を加えて、よく混ぜます。

・しょうがチューブ 小さじ1
・ナンプラー又は醤油 小さじ2
・オイスターソース 小さじ2
・砂糖 小さじ1
・味噌 小さじ1
・レモン汁 小さじ1
・水 大さじ1
・ゴマ油 小さじ1

6.火が消えたら蒸らす。

固形燃料の火が消えたらタオルや保温ランチバック等で覆い15分ほど蒸らします。

メスティン保温状況

7.蒸らし終わったら、完成。

15分ほど蒸らし終わったら、蓋を開け鶏もも肉は蓋に移し、長ネギ(青い部分)は捨てます。

ごはんをかき混ぜて、鶏もも肉を上に戻します。

タレをかけたら、完成です。

お好みでカットしたキュウリ・トマトを加えてください。

以上です。

材料に火が通っているかを確認し、加熱時間を調整してください。
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

【メスティン】で作る【カオマンガイ】を紹介しました。

鶏もも肉と同時に炊き込む事により、肉の旨味がより染み込むので、私はこちらの方が好きです。

同じ要領で炊飯ジャーでもできますので分量を調整して作ってください。

キャンプシーンでは、タレはあらかじめ混ぜておいて持って行くと手間が省けます。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは、今日も良いキャンプライフを♪

\ 応援クリックお願いします /

にほんブログ村 にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました